検索

現在のカゴの中

商品数:0点

合計額:0円

ログイン カゴの中を見る
新規会員登録

白砂 勝敏とは?

  • Twitter
  • Facebook
  • Blog


雑誌掲載情報 東方スチームパンク研究所5

展示会 NEWS


http://49.212.206.61/
mobile site

隕石・天然石アクセサリー

宇宙の遥か彼方から飛来した神秘的でロマン溢れる大きな隕石が、縁あってか地球の重力に引かれて地上に落下し、大きな爆発とともに隕石は無数の破片に飛び散ります。そんな隕石のカケラをそのままにアクセサリーにしたものがヒッピースタイルの隕石アクセサリー有名な鉄隕石である・カンポデルシエロ隕石・シホーテアリン隕石・ギベオン隕石を主に使用し一点づつ大切につくりあげています。

その他、隕石・天然石アクセサリー
隕石・天然石アクセサリー

個性的でオリジナル性の高いヒッピースタイルの隕石・天然石アクセサリーの一覧をご覧ください。

「星のかけら宇宙からの贈り物 隕石メテオライト」

天然石隕石

地球外から飛来した隕石。ロマン溢れる魅力的な天然石です。
ヒッピースタイルではその中でも鉄質隕石を使ったアクセサリーを
制作しております。

鉱物の特徴(隕石)とは

太陽系はおよそ46億年前にガスと塵が集まって回転し形成され始め、細かな塵がだんだんと合体して
直径10kmくらいの微惑星ができ、さらにそれらが集まって地球やそのほかの大きな惑星ができたと
考えられています。そのなかで大きな惑星にならなかった微惑星の名残とおもわれる小天体群が火星と
木星の間に無数に存在しています。そんな小天体のかけらがときおり地球に落下してきます。
これが隕石(メテオライト)です。隕石は太陽系の成り立ちの研究に大きく貢献しているのです。

毎年約3000以上もの隕石が地球に落下してくるそうです。しかし、実際に採集されているのは
全世界で2万個ほど。ほとんどが石質隕石であり、石質隕石は地球上の岩石とすぐには見分けが
つかないのと風化しやすいため、落下するところが目撃されていないと見つけるのは難しいようです。
落下が目撃されていないのに発見された隕石は、鉄質隕石がほとんどです。南極やサハラ砂漠は
例外的に石質隕石がたくさん見つけられています。落下してくる隕石のほとんどは小さな塊ですが、
車ほどに隕石が落下する可能性は数年に一度、直径1km以上のものは10万年から100万年に一度
直径10km以上の小惑星ともいえる隕石は5000万年~1億年に一度の確率で
実際に落下しているそうです。

隕石は大きく3種類に分類されます。

●石質隕石(75%以上が石質物質)●鉄質隕石(90%以上が金属)●石鉄隕石

石質隕石は、コンドリュールと呼ばれる直径1ミリ程度の球状構造を含む隕石(コンドライト)と、
含まない隕石(エコンドライト)に分類されます。

また、鉄質隕石にはウィドマンシュテッテン構造とよばれる組織構造を持っているものがあり
オクタヘドライトと言われます。これは鉄とニッケルの合金が100万年に1℃といわれる
ゆっくりとした冷え方をするとできるといわれている美しい八面体の組織構造です。
エッチングという方法で表面処理すると浮かび上がってきます。

天然石、隕石

<主な鉄隕石>

【シホーテアリン隕石 Sikhote-Alin】
シベリア、ウラジオストーク北部 シホテアリンSikhote-Alin
1947年2月12日落下、 鉄質隕石(ニッケル6% 鉄93%) 、組織の大きなオクタヘドライト

シホテアリン隕石はその落下する様子が多くの人に目撃された歴史上最大の隕石といえます。
1947年2月12日午前10時半ごろ、東シベリア沿海州のウラジオストク北東に落下しました。
北から南に向かって目もくらむような明るい火の玉が横切っていきました。
火の玉の光のすぐ後に強大な雷のような音と爆発音が聞かれたそうです。
また、落下に伴う巨大な煙は5~6時間も時間消えませんでした。上空で爆発したこの隕石は
無数の火の玉になって地上に降りそそぎました。これは隕石シャワーと呼ばれる現象で
2kmX1kmの広い範囲でこの隕石が見つかっています。
一番大きなかたまりは1.75トンで、合計70トン以上の隕石がみつかっています。


【カンポ・デル・シエロ隕石 Campo del Cielo】
アルゼンチン(チャコ、グラン・チャコ・グアランバ)
1576年発見 鉄質隕石、 シリケート(ケイ酸塩)を含む粗いオクタヘドライト

落下地点の付近の住民は以前から存在を知っていて、その辺りを「カンポ・デル・シエロ」(天の場所)と
名付けていました。1576年にスペインの探検隊が15トンの鉄の塊を発見し
「メソン・デ・フィエロ」(鉄の大机)と名付けました。
18世紀の探検ではこれを銀鉱石と考え、銀を探したが見つからなかったのです。
当時のヨーロッパ人はこれが、天から降ってきたものとは信じていなかったようです。
その後、「メソン・デ・フィエロ」の場所はわからなくなってしまいましたが、
同じエリアでクレーターや他の多くの隕石が見つかっています。


【ギベオン隕石 Gibeon】
南アフリカ、ナミビア共和国、ナミブ砂漠、グレートナマランド
1836年発見、 鉄質隕石(ニッケル8%、鉄90%)、 組織の細かいオクタヘドライト

1836年に発見されましたが、地元に暮らすナマ族たちにはそれ以前からずっと知っていて、
武器などの道具に使用していたようです。地上に落下の際、比較的高い高度で爆発したと思われ、
その破片は120km×390kmの広い範囲に散らばっています。クレーターは発見されていませんが、現在では
総計約50tもの鉄質隕石が回収されています。ギベオン隕石は組織の細かいみごとな、
ウィドマンシュテッテン構造(八面体構造)を持っているので、カットされエッチングされているものも
多く見られます。ニッケルの含有量が比較的多いことから比較的錆にくい隕鉄といわれています。


【キャニオン・ディアブロ隕石 Canyon Diablo】
アメリカ合衆国、アリゾナ州、デアブロ渓谷
1891年発見、 鉄質隕石

アリゾナの観光名所のひとつ、バリンジャー・クレーターを形成したのが、
このキャニオン・ディアブロ隕石です。この隕石はそのクレーターの周囲に散らばって発見され
合計で30トン以上にもなります。バリンジャー・クレーターは直径1186m、クレーターの縁は約46mも
盛り上がり、中央は約167mもくぼんでいます。
バリンジャーとはこのクレーターを発掘した鉱山技師の名前です。
彼は隕石孔の底に100万トン以上の鉄の固まりがあると考えて巨費を投じて調査発掘しましたが
発見にはいたりませんでした。しかし、彼の発掘調査の成果によって、クレーターが隕石によってできた
ものであることが世界で初めて認識されたのでした。

天然石 隕石
天然石 隕石

隕石は、地球外の星から発せられる情報を受け取り、宇宙における人間本来の生き方、
本来の生活のあり方を取り戻させてくれる効果があるといわれている天然石パワーストーンです。
宇宙や自然の心理にもとずいた考え方が身につくよう導いてくれるパワーストーンといわれています。

<浄化>

浄化は太陽、月、水晶 セージOKな天然石パワーストーンです。
鉄質隕石はさびやすいので水による浄化は避けてください。 日本は湿気が多いので、アクセサリーの場合も長く身につけないときはなるべく空気に触れないようにしておいたほうがいいでしょう。

デザインへのこだわり~左右非対称なデザインの理由

自然界において左右対称なものが存在しないのに、すべてバランス良くできている事に強く関心を持っております。
ゆえに当店の作るアクセサリーのほとんどが左右非対称の物が多いです。この左右非対称のデザインには、
生きる事や創る物、生活の全ては、自然のサイクルの一部であるという強い思いが込められています。

左右非対称な理由

ヒッピースタイルのこだわりの仕入れ

オリジナリティーの強いデザインの秘密

「ヒッピースタイルの創りだすアクセサリー&創作物は、 すべて独学で創作してきた物なので唯一無二のオリジナリティの強い作品になっています。

私は幼い頃から美術教育を始めアクセサリーの学校や師匠に弟子入りする等の事を一切しておらず、旅をしながら造園業や 大工仕事をして得た独自の感覚を頼りに、今自分に出来る最大の表現を心掛けております。

通常の技法等に全くとらわれない分、自由や楽しさをよりデザインに取り入れやすいのだと思います。素材の魅力を見抜き、それを活かしきる感性を磨きながらの創作を常に意識して日々精進しております。」

天然石アクセサリー着用イメージ

着用イメージ1 着用イメージ2
その他、隕石・天然石アクセサリー
隕石・天然石アクセサリー

個性的でオリジナル性の高いヒッピースタイルの隕石・天然石アクセサリーの一覧をご覧ください。

商品を選ぶ~すべてが手造り、世界でひとつだけ

天然石 ネックレス商品一覧はこちら 天然石 ブレスレット商品一覧はこちら

ヒッピースタイルのサービス~商品をお買いお求めの方へ

送料・お支払い方法について